一口馬主の話で盛り上がる

前回、一口馬主の話をしましたが、これ、結構ハマってます。

もともとギャンブルは好きで、競馬にパチンコ、マージャンとなんでも来いのタイプ。

東京にカジノを誘致する・・・という話には小躍りして喜んだものです。

でも、自分で会社を経営するようになって、家族からは当然、ストップがかかりましたし、自分でもそんなに時間が取れないので、なんとかしたい・・・・と思ってはじめたのが一口馬主です。

これもこちら、札幌に来てからの事なんですが、シティビルサービス札幌の方に不動産をいろいろ紹介してもらったり、アドバイスをして頂いている時に、ふと競馬の話になったわけです。

札幌は馬産地が近いので、シティビルサービス札幌の方も馬の生産関係の方の仕事も数多く手伝ったことがあるという話でした。

で、私がポロっと・・・・・「将来は馬主になってみたい・・・」なんて話をしたら、この一口馬主を教えてくれたわけです。

一口馬主というのがあるのは以前から知っていましたが、実際、どうなのか、どれくらい儲かるのかは全然わかりません。

早速、資料を集めたり、また事務所を札幌に開いているところもあるので、直接行ってみたりしました。

何事も東京が中心・・・・そんな風に考えていた江戸っ子の私ですが、こと競馬馬の生産などについては、北海道が拠点になっているっていうことを知りました。

まあ考えてみれば当たり前なんですけどね。

馬主について調べているとこんな記事が・・・:三浦大輔が「馬主」として熱く語る有馬記念「夢の、夢の、そのまた先の夢の舞台」

こんな記事見ちゃうと俄然やる気が出てきましたね。

しかしこれが昨年の2月のことで、その頃にはすでに一口馬主クラブの馬はほとんど売りに出せれていたんですね・・・。

コメントは受け付けていません。