売れ残りに福はある?!

シティビルサービス札幌の友達はさすが、不動産売買や賃貸を手掛けているだけあって、情報が早いです。

先日も東京から出てきた友人が札幌に狭くていいので、ちょっとしたオフィスが欲しいというオファーを持ってきていました。

ただし札幌の中心街の近くが条件。

なかなか物件はないのでは?と思っていましたが、2か月ほどで空くところが見つかり、もうすでにリフォームなどの手続きに入っています。

不動産の場合、待っていても出るとは限らないし、シティビルサービス札幌のように情報量の多いところが強いですよね。

これは、前回話した一口馬主の世界でも同じようです。

私が、一口馬主をやってみようかなと思ったのは、今年の2月。

ですが、こういう一口馬主のクラブって、当歳場の募集を6月くらいから始めるわけです。

私が一口馬主になろうかな?と思った時点で、実はめぼしい馬はすでに購入されていたんですね。

ということは、それから4~5か月ほど待って、次の歳の募集を目指せすしかない・・・・ということになるんですが・・・・それが待ちきれない。

会社を作るにあたって、競馬、パチンコなどのギャンブルを一切絶つということを家族に宣言した手前、ギャンブルに触れることは出来ません。

その代償というか、変わりとして一口馬主を選んだのに・・・・・とすごく残念な感じに。

ところが捨てる神あれば拾う神ありとはこのこと。

シティビルサービス札幌の友達に紹介してもらった、馬産関係の人が言うには、売れ残っているのでいい馬はいる・・・という話でした。

コメントは受け付けていません。