増えた異業種の方との交流

前回まで話した一口馬主の話。

結局、2月の時点でまだ募集中の馬から、兄弟や近親に大きなレースを勝ったことがある馬を中心に狙って、4頭ほどに出資することにしました。

馬の世界も厳しいもので、3歳の11月までに1勝もあげられなければ、中央競馬で走ることが出来なくなってしまいます。

その後は、地方競馬に回るわけですが、賞金もゼロが一つから二つ違う世界。

良血馬と呼ばれる血統のいい馬は、2000万以上は少なくともしますから、地方でこの賞金を稼ぐっていうのは大変なことです。

中央であれば、何回か走って2勝することが出来れば、2000万円の元は取れてしまうので、大きな差がありますよね。

4頭は2歳なので、今年デビュー。

まだ厩舎に入っていなくて、育成牧場にいる段階ですから、これからが楽しみです。

そんな中、先日、一口馬主会社のメンバーとシティビルサービス札幌の方と、それから牧場関係の方と一緒にお酒を飲む機会がありました。

札幌に住むようになって、こういう異業種の方と飲む機会が増えたように思います。

シティビルサービス札幌さんのような不動産関係の方と親しくなったのは、札幌に来てから。

東京で仕事をしていた時は、どちらかというと同業種とばかり飲んでいたような気がします。

それはそれで話があって面白いのですが、やはり異業種の方の話を聞くのは非常に刺激になります。

それで親しくなれたら、またいろいろ繋がりが出てきますしね。

北海道暮らしになって、良かったなと今は思っています。

コメントは受け付けていません。